高気密高断熱高耐震SW工法の説明

SW工法の勧め

高気密・高断熱・高耐震構造で、住まいの安心をお約束するスーパーウォール工法

温度差の少ない空間

SW工法住宅の優れた保温性は、下の比較画像からも明らか。高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

SW工法住宅


天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。
(冬期暖房時)
※暖房方式によって異なる場合があります。

一般住宅


天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。
(冬期暖房時)

部屋間の温度差が小さい

不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。 これにより、部屋間の温度差を原因とする急激な血圧変化を抑え、心筋梗塞などのリスクを大幅に抑えることが出来ます。

SW工法住宅

居室

窓ぎわから部屋上下までほぼ均一な室内温度

トイレ

住宅居室と温度差の小さい快適なトイレ空間

一般住宅

居室

部屋上下の温度差大、足元は冷たく不快

トイレ

冷気に満ちたトイレ、居室との温度差大

※熱画像で示される温度分布は、壁面上の温度分布です。

 

空気がきれい

計画換気システムが24時間稼動することで、ホルムアルデヒドをはじめ室内の汚れた空気を戸外へ排出できます。また高気密設計ですので無駄な空気の移動(すきま風等)が少なく、少ないエネルギーで冷暖房出来ますので大変経済的です。

ほこりや結露を抑える

SW工法住宅では、C値=1.0という高い気密性能にこだわり、隙間を極力抑えることで外気とともに出入りするホコリや砂塵などを大幅カット。また、計画換気により取り入れる外気は、フィルターを介し、花粉など微細な粒子まで取り除けます。 計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。空気のよどみによる室内の湿気上昇を抑制し、不快な結露の発生を抑えます。 

地震や台風に強い

木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネルをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

エコに貢献

SW工法住宅では、ランニングコストのシミュレーションを実施し、事前に冷暖房にかかる金額の目安を算出します。一般住宅との比較ができ、コスト削減の目安を知ることが可能です。SW工法なら、建てる前から地球温暖化防止への貢献を考えた家づくりができます。
SW工法住宅と一般住宅を60年間でLCCを比較すると、約30年で一度家を建て替える一般住宅に対し、SW工法住宅は一度きりのリフォームで十分。建物解体時の廃棄物産出を抑えます。またSW工法住宅は、優れた保温性能をもつため冷暖房効率が高く、省エネルギーを実現できます。

株式会社 前田建設
佐賀県佐賀市高木瀬町大字長瀬2502番地17
TEL:0952-31-9293 FAX:0952-31-9286

(C)Maedakensetsu All Rights Reserved.